SiteLock CDNのサービスが終了した今、利用したいCDNサービスは?

SITELOCKCDN

みなさんはGMOデジロック株式会社の『SiteLock CDN』というサービスをご存じでしょうか?

 

SiteLock CDNとは、2018年7月10日にサービスが開始された、月定額(5,000円)のCDNサービスです。

 

“CDNが毎月5,000円の完全定額で利用できる”、これはインターネット付随サービス業を展開している私たちも驚愕しました。

 

しかしSiteLock CDNは、1年にも満たない2019年6月30日にサービスが終了―・・・。

 

このページでは、SiteLock CDNのサービス内容や終了してしまった背景に触れ、代替するならどのサービス(業者)がよいのかについて、プロの視点で迫りたいと思います。

 

SiteLock CDNはどんなサービスだったのか?

 

SiteLock CDNはどんなサービスだったのか?

 

ほかのCDN業者がSiteLock CDNに代替となれるかを知るために、まずはSiteLock CDNのサービス内容についてみてみましょう。

 

SiteLock CDNのサービス内容

 

SiteLock CDNのサービス内容

 

SiteLock CDNは、データの転送量、アクセス数、帯域などに左右されることのない完全定額制のサービスでした。

 

つまり動画配信サービスを運営している場合でも、SiteLock CDNなら月額5,000円のみでCDNサービスを受けることができたのです。

 

これは「価格破壊」と言ってもおかしくないぐらいの、低価格設定!

 

「どれくらい安かったのか」やサービスの詳細については、このページ下部にある「SiteLock CDNに代わる業者はあるのか?」で紹介しています。

 

SiteLock CDNのサービス終了についての考察

 

SiteLock CDNのサービス終了についての考察

 

SiteLock CDNが1年も満たずサービス終了してしまったのは、キャッシュサーバーへのアクセス数やデータの転送量が予想を上回ったことが要因だと考えています。

 

CDNのサービス提供業者は、どれだけのアクセスがあっても安定してデータを転送できるようにキャッシュサーバーなどのインフラを整えなければなりません。

 

アクセス数が多いほど、1ページ(データ)の容量が大きいほど、データの転送量が増えてキャッシュサーバーの負担が大きくなるので、強化や増設が必要になります。

 

もちろんキャッシュサーバーだけではなく、高速回線の確保なども必要です。

 

またインフラ環境を整えたら終わりというわけではなく、保守・運用を行う必要がありますし、契約者へのサポートも行わなければなりません。

 

このように、CDNサービス業者はインフラ維持費用や人件費など、かなりの支出が発生するのです。

 

その支出をカバーして収益に転じるには、契約者からのCDNサービス利用料として回収することが必須!

 

そこで多くのCDN業者が、データの転送量による従量制課金制を導入しています。

 

もちろんSiteLock CDNのように定額制を導入しているCDNサービス業者もありますが、データ転送量や回線速度に制限がありますし、SiteLock CDNのように転送速度無制限で5,000円の完全定額という内容ではありません。

 

このようにSiteLock CDNが終了したのは、月額5,000円という安さで多くの契約者を取得したものの、予想していたよりもキャッシュサーバーへの負担が大きく、サービスの維持が難しくなったと考えることができるでしょう。

 

 

SiteLock CDNに代わる業者はあるのか?

 

SiteLock CDNに代わる業者はあるのか?

 

ここでは、サービスが終了したSiteLock CDNに代わるサービスがあるかについて考えてみます。

 

CDNのサービスの比較表

 

まずは、CDN業者のサービスについて比較してみましょう。

 

CDN業者のサービス比較表

2020年4月14日 当社調べ

 

キャッシュサーバーの拠点数には差がありますが、サービスそのものはそんなに大差はありませんでした。

 

ただ対応プロトコルや操作性(CDNの管理画面等)については業者間で異なるので、自身のサイトで導入できるかを確認する必要があります。

 

またCDNにあまり詳しくないと管理画面で設定できない&サポートは英語のみというCDNサービスもあるので、注意しましょう。

 

CDNサービスの価格比較表

 

では次に、価格について比較してみましょう。

 

CDNサービスの価格比較表

 

2020年4月14日 当社調べ

※1USD=108.91円として換算

※1GB=1,000MB

※データ転送量のみを考慮し、オプションやHTTPSリクエスト数は考慮していません。

 

上記の表は、1ページのデータ転送量を5MBとした場合の、PV数から想定できる利用料金です。

 

表にしてみると、ほとんどの業者がSiteLock CDNよりもコスト高になるのがわかります。

 

liteCDNはSiteLock CDNの代替サービスになるか?

 

liteCDNはSiteLock CDNの代替業者になるか?

 

まことに恐縮ですが、ここでは自社サービスである『liteCDN』と『SiteLock CDN』を比較させていただきたいと思います。

 

【liteCDNとSiteLock CDNの比較表】

liteCDN SiteLock CDN
初期費用 無料 無料
月額料金 7,500円(税抜) 5,000円(税抜)
超過料金 50TBを超えたら
1GB毎5円
0円
静的サービス
動的サービス ※対応検討中
対応プロトコル HTTP/HTTPS
※HTTP/2対応検討中
HTTP/HTTPS/HTTP/2
キャッシュサーバー 国内2カ所(池袋、京都) 世界30カ所
サポート メール・チャット 電話・メール・チャット

 

こちらの比較表を確認いただければわかる通り、liteCDNのサービス内容がSiteLock CDNに劣っていることはありません!

 

劣っているとすればSiteLock CDNのように完全月額5,000円という格安価格ではないということです。

 

しかしそれも、安定したサービスを提供できるなかで、可能なかぎりの低価格設定にできたと自負しております。

 

では、liteCDNの超過料金がかからない50TBは、どれぐらいのデータ転送量なのかを見てみましょう。

 

WordPressのサイト(1ぺージ2MB) 約2,621万PV(※)
動画(HD画質・720pを1時間) 約50,000本

※参考:アメーバーブログのNo1人気ブログの月間PVは、約1,200万

 

 

これだけのデータ転送量を安定した環境の中で、月額たった7,500円で使えるのはliteCDNの魅力のひとつです。

 

また、この記事を執筆している2020年4月末もliteCDNはサービスの向上に向けた取り組みを日々行っております。

 

お客様の要望にも柔軟に対応しており、「こんな機能があればうれしいんだけど…」といったご相談をお受けしたときには、できる限りお応えします

 

今までの機能追加に対応した実績は、「軽め」のもので1~2週間、「重め」でも1~2カ月です。

 

このような柔軟な対応ができるのも、liteCDNの魅力だと受け取ってもらえれば幸いです。

 

またliteCDNは、たっぷりサービスを試せるように30日間の無料トライアルを設けています。

 

もちろんliteCDNの導入を見送った場合は、しつこい勧誘もありませんのでご安心ください。

 

  • ・できるだけコストを抑えてサイトを安定運用したい
  • ・いまのCDNサービスに不満がある
  • ・とりあえずCDNの効果を検証してみたい
  • ・CDNをはじめて導入するんだけど…
  • ・SiteLock CDNが終了してから、CDNを導入できていない
  • ・メインで利用しているCDNはあるもののサブのCDNも備えておきたい

 

まずは30日間無料トライアルから、liteCDNを試してみませんか?

 

導入後だけではなく、30日間の無料トライアル期間も安心してサービス利用をしていただけるよう、万全のサポート体制も整えてお待ちしております。

 

 

まとめ

 

まとめ

 

急なサービスの終了は、どれだけの負担をお客様に強いてしまうのか…。

 

そう考えるとSiteLock CDNの二の舞にならないことを第一に、安定かつコストを抑えるCDNサービスを展開していきたいという考えでliteCDNは生まれました。

 

まだまだ知名度の低いliteCDNですが、これからも多くのサイト運営をしている皆さまに納得いただけるサービス運営を行っていきます!